サービスか否か

三歳児にもなると、お絵かきや工作など発想が大きく膨らむように、ロジカルな考えを作る基礎にもなるような、遊びの中で大変多くのことを学んで成長しています。さて、当園でも「はさみ」「のり」「クレヨン」「自由画帳」「スモック(保育園で着脱します)」が必要になるクラスが出来ました。
保護者の方々には実費負担と持ち物への「名入れ」をお願いしております。
当初、持ち物への「名入れ」については当園で行うことも検討致しましたが、やはり「名入れ」は保護者とお子様の共通の会話となること、保護者が準備した自分の名前が入っているものに対しての大切に扱う心を育む為にもやはり名入れは保護者の方々にお願いしたく。
サービスとして提供すれば一瞬で終わることですが、「名入れ」をすることにより、深みのある子育てや保育につながると考えました。

サービスはシステムを作ってしまえば良いですが、本当に大切なことを大切にしていきたいと施設長と園長の間で結論が出ました。
ご理解のほどよろしくお願い致します。

一人ひとりに向き合うより良い保育を行ってまいります。