当園の特徴

働くママ・パパの強い味方になる為に!

1.“Good Morning”から始まる英語の保育

当園では朝いちばんの挨拶は”Good Morning”から始まります。 子供の語学を学ぶスピードに大人はいつでもビックリ!! 「こんな言葉、いつ覚えてきたの?!」と驚く事ありますよね。それが、英語になるのです。日本語を覚えるように、英語を覚える。
子供は話すことが出来ない時から言葉を聴いています。そして、言葉の音をまねるようになり、意味を知るのです。そこに日本語・英語の壁はないのです。

2.預ける時間=13時間=英語のシャワーを浴びる時間

日本人の赤ちゃんは日本語の文法を学ぶのでしょうか? 周りの環境が日本語だから日本語を覚えるのです。 一回1時間、一週間に2回の英語のお稽古に行くと月に8時間英語を学べますが、一日13時間保育で週6日預けると月に312時間英語に触れる事が出来ます。
どちらが効率的に英語に慣れ親しむ事が出来るか一目瞭然です。

3.公式ラインアカウントを利用した連携

日々の保護者との「出欠のやりとり」や「保健だより」「園だより」は非公開の公式ラインアカウントを利用しております。また、災害時などの場合にはこの公式ラインアカウントから情報を発信するツールの一つとなります。

4.外国人講師常駐・日本人スタッフも英会話レッスンを重ねています。

外国人講師はネイティブスピーカー!当園にはネイティブスピーカーが3名、終日常駐しています!日本人スタッフも英語力の保持・向上の為、英会話レッスンを重ねています。

5.融通の利く利用時間

朝早く出勤しなくてはいけないお母さまのために朝は7:00より開園。お迎えは20:00までにお願いしています。この間であれば好きな時間に登園・降園頂けます。(昼食・昼寝の時間はNGとさせて頂きます。)基本保育が13時間なので延長保育の心配もいりません。

6.安心の少人数制

定員が30名の少人数保育です。保育士の眼が行き届き、きめ細やかな対応が可能です。また、異年齢の子供との関わりが必然となり、自分よりも小さいお友達や大きいお友達に接する対応も覚えていきます。そんな関わり合いから思いやりや協調性が育まれます。

7.命の保育

当園は子供たちに「命」について考えるきっかけを作りたいと考えます。将来、命に対して軽はずみな言動を他人にも自分にも取らないような人間でいて欲しい。「おかあさん、産んでくれてありがとう。」と自ら言えるような命の保育を実践します。医療が寄りそう保育園ならではの保育となります。

8.登降園の荷物の心配もいりません。

保育園に通う為の必須アイテムは大変多くあります。でも、当園ではほとんどの荷物を園で購入・洗濯・保管・管理しております。働いている保護者の方の荷物を少しでも減らせるように。勿論、使用済みおむつのお持ち帰りなんてありません。

詳細:持ち物について

9.保育業務のICT化を進めています。

保育士には現場で園児と向き合う業務と、事務作業等の業務があります。この二つの業務のうち、事務作業の負担軽減をすることにより、保育士の「心」と「時間」にゆとりをもたらし、保育の質の向上をさせるようにしております。※一部保護者の実費負担あり。

シフト管理=King of Timeクラウドによる管理。保育士は自身のスマホで出退勤を行う。

登降園管理=調整中

帳票管理=調整中