「質」の高い保育

今現在提供している英語サービス、保護者負担が少ないサービスなど、サービスは一度形を作ってしまうと追付いする同じようなサービスが出てきます。今時、英語で保育なんていうのは巷ではザラにあり、「やれ、次は小学校でプログラミングが導入されるから、プログラミングを学べるサービスを導入しよう!」となるわけです。

ですが、大切な事は保育の「質」であり、「質」の高い保育を提供する事が保育園としての存在価値であると私は思います。くれぐれも「自宅から近いから。」なんて理由で保育園を選ばないでください。大切なのは保育園が、当たり前にすべき保育の質の担保をしているかどうかです。是非、保育園は見学して下さい。そして、質問を沢山投げかけて下さい。

今時、インターネットには沢山の情報が載っています。「保育園 選び方 ポイント」みたく検索してください。

私が思う重要ポイントをいくつかお伝えしますと

□電車遅延や急な残業など、トラブルに寛容か
□発熱時などのお迎え要請の対応・保育園での対応、ルールはどうか
□準備品や持ち物の多さはどうか
□オムツの持ち帰りがあるのか
□行事での保護者の役割はあるか
□受け入れ人数と部屋の数は適切か
□散歩の頻度はどうか
□保育士の子どもへの接し方や言葉づかい、注意の仕方にどう感じるか
□保育士の人数と内容(資格や補助保育士の有無、キャリア・経験年数)は如何か

となります。

当園でも保育の「質」を高め、担保していく為に色々な事を行なっておりますが、それはまたの機会に。

※おかげさまで、当園は開園1年半にて定員満枠となっており、Waiting Listにて入園をお待ち頂いている状態です。それもこれも日々、当園の保育方針にご理解頂き、保育運営にご協力頂いている保護者の皆様のおかげ(と、当園で働く保育士のみんなが日々、悩みながら子どもと向き合ってるおかげ)と切に感じております。

見学のご要望御座いましたらいつでもお問い合わせ下さい。ただ、心苦しいですが、直ぐの入園は難しいかと存じます。。