事故・虐待防止について

こんにちは。施設長の阪本です。

今朝、どこぞの保育士が園児に対して虐待を行っており、行政処分と警察の捜査が行われているというニュースがありました。
大変悲しい事ですし、決して起こってはいけない事です。

当園では事故・虐待防止対策として
☆24時間防犯カメラを園内外に設置・映像は録画
☆保育園のみで対応が難しい場合には法人担当者が対応
☆東海市から委託している民生委員に第三者委員会として参画

上記のように事故や虐待を未然に防ぐためのシステムを構築していますがシステムだけで事故や虐待を完全に防ぐことは残念ながら不可能だと私は思います。

大切なのはやはり「人」です。

保育従事者だけではなく、当園で働くスタッフ全員が日々、自己研鑽を行い、外部研修を受けることで何が正しいのか、自身で判断が出来るようになることであり、保育の質を向上させる事が大切な事だと考えています。また、自浄能力を持ち、監査等で指摘や処分を受けた場合、情報を開示して行くことが同様に大切だと考えています。

胸が締め付けられるニュースに改めて、自園でこのような事が起きないように再確認しなければいけません。