当園における感染対策について その2

先日、当園における感染対策についてブログで記載させて頂きましたが、状況に応じてマスクの着用・非着用対応を決めている事について改めてお知らせ致します。

”通常のマスクは、かなり粗い粒子、つまり5μ以上の程度であれば、飛沫感染するものをかなり防げますが、ウイルスはナノの大きさですから、ウイルスそのものをこういったマスクを通して防ぐことは難しくなります。むしろより重要なのは、非感染者ではなく、感染者やその疑いのある人のマスクの着用です。例えば、感染者がマスクを持っておらず、せきやくしゃみをする際に手や腕で口を覆ったとしてもその効果は限定的で、しかも、ウイルスを含む飛沫が付着した手で、他の人に「接触感染」を起こすことになります。”

当園では児童のマスク着用について効果は限定的と考えております。また、スタッフのマスク着脱については状況に応じて対応しております。

食事の配膳時・事務室滞在時・ミーティング時・保護者対応時・スタッフ本人が体調不良の場合(この場合、医療機関の受診を勧めております。)においては不織布マスクの着用を義務付けております。

しかし、保育時にはマスクは外しております。理由は以前よりお伝えしている通り、子どもの最善を考えてスタッフ全員と話し合った結果となります。この決定については医療法人嚶鳴会としても大切な一人の子どもを一人の人間として形成する上で重要だと考えております。ただし、頻回の手洗いうがいの徹底を保育中にスタッフ・児童全員行うように決めております。また、保育で使用する物品の消毒も頻回に行っております。

保育園は子どもの全身状態が良好であることが登園基準となります。同じようにスタッフにも毎朝の検温をお願いしている事、体調不良の場合は如来山内科・外科クリニックの発熱外来の受診を勧めております。

登園後・出勤後の体調変化につきましても同じように如来山内科・外科クリニックにて発熱外来を受診するように勧めております。

また、感染発生時において、医療法人が運営するメリットを最大限活用できるよう対応しております。その一つが、PCR検査の対応となります。

当園にて勤務するスタッフは希望する全員が新型コロナウイルスワクチン接種済となります。今後、発熱時等に対応する為、抗原検査キットを当園にて常備する事も予定しております。

当園において改めて陽性者や濃厚接触者が出る事も想定しております。どれだけ感染症対策を行っていても感染する時はしてしまうのです。その際に迷惑をかけたと思ってほしくありません。当園にて働くスタッフにも悪く思わないで欲しいのです。後悔してほしくないので、やるべき感染症対策は徹底的に行っております。

マスク着用・非着用について保護者の皆様や親族がご心配される事も重々理解しております。しかし、保育園全体としてマスクだけではなく、感染症対策を行っております。

繰り返しとなりますが、マスクの着用・非着用については状況に応じて判断し今後も運営してまいります。何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

追伸:ご家族やご親族からのご意見は大変貴重なものと考えております。当園は企業主導型保育園(東海市は管轄外)となります。ご意見御座いましたら、お気軽にご連絡下さい。

参考文献:菊池中央病院「空気感染と飛沫感染」中川義久

施設長 阪本

オフサイト監査

児童育成協会のオフサイト監査がありました。オフサイト監査とは、事前に監査に必要な書類をクラウド上にアップロードし、その書類をもとに電話での監査と言う流れなのですが、、、

電話が掛かってきて「特に指摘事項もなく、大変手厚い保育をされている事が分かりました。」や、「ホームページも拝見しましたが、実際に監査で見に行きたい園ですね。」(いや、なんかそれ逆に怖いんですけど、、)や、「書類も丁寧で細かく作られていて、大変確認がしやすかったです。」等、終始褒めちぎられて終わりました。

これって、油断させてどーこーするやつですかね?

結果的に終始和やかに監査は終わりました。また、報告が児童育成協会のホームページでも公開されるかと思いますが、またその時にご報告しますね。

監査は我々の行う保育の質を担保する為、子供の最善の為ですね。とにかく、無事に終わりホッとしております。

施設長 阪本

12月10日に発生した事故について

関係者各位ならびに保護者様方

先日、12月10日に当園にて発生した窒息事故のその後についてご報告致します。
管轄行政である東海市へ第一報事故報告を行い、県よりその後電話でのヒアリングを受けました。
今回、児童の命が助かり後遺症等も現在の所ない事、ならびに当園の事故後の対応を鑑みて事故調査は見送ると言われました。

報告書でも記載させて頂きましたが、今回の事故は結果的に児童に何もなかったので良かったのです。あくまでも結果論なのです。結果、無事だった。
しかし、起こった原因は紛れもなく当園にあり、数多多くある過去の事例を研修やヒヤリハットも生かし切れていない、どこかしら心にスキがあったのではないかと感じます。

保育園の運営をスタートさせる時に「命を預かる仕事」と認識は当然しておりましたが、今回の事故を受け大変重たく、保育園としての責任を感じました。
実の子供が危険な目にあったにもかかわらず保護者の方はむしろ保育園や当該保育士の事を心配してくれております。当然、言いたいことも沢山あったかと思います。

今回、この報告書をホームページに載せる事を決断した理由として
①「保育園として命を預かる責任を忘れない為」
②「開園当初から情報を公開して安心・安全を一番に考えている為」
③「他の保護者様への説明責任を果たす為」
④「保育士や他保育園の方々にこの事例を研修等で役立てて頂きたい為」
が挙げられます。

該当園児の保護者様には掲載する事で当園のデメリットにならないのかと心配され、載せなくてもいいと言われておりますが、個人情報を伏せた形での掲載を承諾頂きました。
また、報告書は東海市への第二報に添付する形で報告をさせて頂くと共に県、児童育成協会にも提出致します。

この度は皆様には不安と心配をさせてしまい、大変申し訳ありませんでした。
今後、このような事故を起こさないよう気を引き締めて保育に向き合う所存です。
どうぞご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。

追記:県・市行政ならびに児童育成協会への報告が終わりましたので報告書については閲覧の終了をさせて頂きます。

Kids Land まほろば
施設長 阪本謙二郎

保育事故発生のご報告

保護者各位
令和2年12月10日

保育中の事故発生のお知らせ

本日、当園にて預かる園児の一人がリンゴをのどに詰まらせ、救急搬送される事故が発生致しました。現在、園児の体調に問題はなく保護者とともに自宅で安静にしておりますが、今回の事故を当園では重大な事故にあたると認識しております。今後、事実関係の確認や発生原因の分析、検証結果を踏まえた再発防止等に努めるとともに、東海市・愛知県ならびに児童育成協会等、関係各所への事故報告を速やかに行うこととしております。

事故発生時、当園にて預かる他の園児が一部始終を見ており、なんらかの影響を受けるのではないかと考えております。保護者の皆様にはご心労・ご心配をお掛け致しますが、預かる園児の安心・安全を最優先に引き続き保育を行いますので、何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

Kids Land まほろば
施設長 阪本 謙二郎

追記:事故報告書(第一報)を東海市ならびに児童育成協会へ提出

企業枠料金改定のお知らせ

お世話になっております。
Kids Land まほろば施設長の阪本です。

地域枠ならびに企業枠の料金の差が大きく是正する必要があった為、企業枠料金の改定を行いました。
令和2年11月7日より新料金となりますので宜しくお願い致します。

尚、お知らせに記載させて頂いている通り、現在ご利用されている方の料金は今まで通り変更はありませんのでご安心下さい。

何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

料金改定について(保護者向け)20201107

当園におけるマスク着用について

令和2年6月22日
保護者各位

マスク着用に関するお知らせ

平素よりKids Land まほろばをご利用頂き誠にありがとうございます。県境をまたぐ移動の自粛も全て解除となっておりますが、保護者の皆様におかれましても感染拡大防止に細心の注意を払い、過ごされている事と存じます。
6月1日より通常保育に戻し、保育園でのクラスター感染が起きないよう細心の注意を払いながら感染症拡大防止策の取り組みを行っておりますが、基本的に保育中はマスクを外して業務にあたります。

続きは⇒こちらで

当園における新型コロナウイルスへの対応について(その15)

令和2年5月28日
保護者各位

当園における新型コロナウイルスへの対応について(その15)

平素よりKids Land まほろばをご利用頂き誠にありがとうございます。全国的に緊急事態宣言が解除された今、自粛が行われた期間に比べ、人の流れが目に付くようになったと肌で感じております。保護者の皆様におかれましても感染拡大防止に細心の注意を払い、過ごされている事と存じます。

続きはこちらで(PDF)
お知らせ(その15)