新型コロナウイルス感染者に関するお知らせ

平素はKids Land まほろばの運営にご理解・ご協力賜り誠にありがとうございます。
本日、当園に在籍する児童1名が新型コロナウイルスの陽性者となりましたのでご報告を致します。
なお、詳細は随時お知らせとしてアップデート致しますので宜しくお願い致します。

コロナ第一報
コロナ第二報
コロナ第三報

まほろば卒業一期生

こんにちは。Kids Land まほろば 施設長の阪本です。桜も咲いてきたこの頃、やはり出会いと別れの時期である3月は悲しくもあり、嬉しい気持ちになりますね。

当園でも過日、卒業式🎓と終業式が行われました。当園が開園して初めての卒園児二名。ご両親は立派に育っている児童に終始涙腺崩壊。担任の保育士を初めて参加している大人も全員涙腺崩壊していました。

今日で預かりは最後になります。二人とも小学校で元気に沢山友達作ってすくすく育ってほしいですね。保護者の皆様、小一の壁に負けず頑張って下さい!

そして開園からずっと一緒に働いてきたスタッフが次の新天地を求めて転職するとの事。今まで有り難う御座います。応援していますよ!

以下、卒園式で読ませて頂いた祝辞となります。

〇〇さん
なわとびやダンス、かけっこなど身体を動かすことが上手ですね!縄跳びは、100回以上跳べます!チアダンスを習っていて、保育園でも保育士やみんなに教えてくれます。遊びの時は、率先
してルールや順番を決めたりして、みんなの先頭に立ってクラスを引っ張ってくれるお姉さんです。
〇〇さん
絵を描くこと、字を書くこと、英語も上手で絵本を読んだり、ベス先生とも沢山英語で話してくれました。どんどん英語力が伸びていますね。
折り紙も上手です。友だちが困っていると折り方を教えてくれたり、代わりに折ってあげる優しい子。何でも出来るので、みんなが憧れるカッコいい、お姉さんです。

2人ともこのKids Land まほろばで一緒に沢山の時間を過ごしました。二人とも色んなことができるようになりました。小学生になるともっともっと色んな事が出来るようになります。友達ももっ
と沢山出来ます。最初はドキドキするかもしれません。でも2人なら大丈夫です。沢山できる事があるから大丈夫です。本当にKids Landまほろばに来てくれてありがとう。
そしてお父さん・お母さん、お二人はKids Land まほろばが4年前に保育に携わり初めての卒園児となります。Kids Landまほろばで大切な時間を共有させて頂き、お子様の成長を一緒に見守らせ
て頂き、感謝の気持ちしか御座いません。ありがとうございます。

我々保育者は一旦これで、区切りとなりますが、お父さん・お母さんにとってはこれからも子育ては続きます。雨の日も暑い日も寒い日も毎日お見送りをして頂いたように、今後、大変な事も沢山あると思いますが、いつでも相談に来て下さい。いつでも遊びに来て下さい。
寂しい気持ちとうれしい気持ちが混ざっております。

感謝とおふたりの明るい未来を言葉に託し、祝辞とさせて頂きます。
Congratulations. This is the beginning of your bright future. My warmest wishes on your graduation. おめでとうございます。

2021年オフサイト監査の結果

なんとなく、オミクロン株の勢いが収まりつつあると感じている施設長です。
皆様、元気にお過ごしでしょうか。

さて、昨年11月にオフサイト監査が行われ、
期日までにありとあらゆる書類を提出しておりました。
そして、今回頂きました指摘事項は3点ありました。

頂きました指摘につきましては既に改善策を実施しております。
改善報告書はこちら

保護者の皆様にとって安心・安全第一の保育園である事を心がけて今後も運営を続けてまいります。

施設長 阪本謙二郎

新型コロナウイルス感染者に関するお知らせ

平素はKids Land まほろばの運営にご理解・ご協力賜り誠にありがとうございます。
本日、当園に在籍する児童1名が新型コロナウイルスの陽性者となりましたのでご報告を致します。
なお、詳細は随時お知らせとしてアップデート致しますので宜しくお願い致します。

コロナ第一報
コロナ禍における今後の保育運営方針について
コロナ第二報
コロナ禍における返金措置について
コロナ禍における返金措置について(訂正)

新型コロナウイルス感染者に関するお知らせ

平素はKids Land まほろばの運営にご理解・ご協力賜り誠にありがとうございます。
本日、当園に在籍する児童1名が新型コロナウイルスの陽性者となりましたのでご報告を致します。
なお、詳細は随時お知らせとしてアップデート致しますので宜しくお願い致します。

コロナ第一報
コロナ第二報
コロナ第三報

大切なもの

こんにちは!施設長の阪本です。

先日、保育士スタッフがデスクで頭を抱えて絵本と向き合っていました。よくよく視線の先を見るとスマホの画面には何やら文章がビッシリと書かれています。

「どうしましたか?気分でも悪いのですか?何かありましたか?」質問するとスタッフは

「誕生日にお渡しする絵本なんですけど、一生残る物だから、メッセージをどうしようかと・・・保護者からのメッセージ以上に長くなるのもどうかと思いますし。」

絵本を見せてもらうとページをめくる毎に小さな時の写真と今の年齢の写真、それに手形足形が綺麗に貼られており、保護者からの愛溢れるメッセージが書かれています。

「先生、長くなっても良いじゃない。その想いをこの子に伝えてあげるべきだし、大人になってから読み返して、嬉しいに決まってますから。先生を見ていて私はとっても嬉しいです。この子も保護者もきっと喜ばれます。」

出来上がった絵本を私は読んでおりません。ですが、沢山の愛が溢れ出ている絵本なのは間違いないですね。

来秋10月新規保育園開園予定!

平素より医療法人嚶鳴会Kids Land まほろば保育園の運営にご協力、ご理解頂き誠にありがとう御座います。Kids Land まほろば施設長の阪本です。

「保育園落ちた日本死ね!!!」

強烈な言葉がトリガーとなり、日本の待機児童問題に焦点があたり、政府が対策に乗り出して5年。我々が運営する企業主導型保育事業も待機児童の受皿として運営して4年が経ちました。少子高齢化が進む社会、多様化する家庭環境の中で医療法人嚶鳴会は子どもにとっての最善が何かを模索しながらKids Land まほろばを運営しております。

日本全体で見ると保育業界は今、5年前の待機児童問題が近いうちに解消される様相となり、「どこかで預かってほしい」から「こんなところに預けたい」と言う保育の質が求められるようになっていると感じます。

今回、児童育成協会より新たに企業主導型保育事業運営の内示を頂きました。東海市内に来秋10月開園予定としており、定員30名の保育園です。Kids Landまほろばと同様に「医療が寄り添うグローバル保育園」としてだけではなく、病児・病後児保育も行う予定としております。詳細については改めてご案内させて頂きます。

保育業界は今後益々厳しくなりますが、子どもや保護者に選ばれる保育園で居続ける為に更に努力を重ねる所存でございます。引き続き、皆様方にはご指導ご鞭撻くださいますよう宜しくお願い致します。

英語保育について

Kids Land まほろばの保育環境

幼少期は日本語も英語も自分自身が話す言語として日常生活から沢山吸収できる成長期。幼少期に言語の壁は存在しないからこそ、英語を話す外国人がいる。英語を話す保育士がいる。日本語しか話せない保育士がいる。色んなバックグラウンドを持つスタッフと日本語と英語で毎日を過ごして欲しい。そんな想いがあります。

英語「だけ」で生活するインターナショナル保育園ではなく、英語の勉強をするわけでもなく、自然と楽しく英語が身につくような保育園。そんな保育園です。

当園は保育園であり、教育機関では御座いません。英語はあくまでも日常会話の中で培っていくものと考えております。毎日、大好きな保育士の先生と一緒に楽しい時間を共有し、気が付いたら英語喋れてる!そんな環境です。

保護者の方が「家で英語喋ってきました!!!プリーズとか言うんですよ!」なんて驚く事も日常的に見られる光景です。当園を卒園する頃には英検ジュニアゴールドが取れてるといいね。くらいのレベルです。

英語の勉強は小学生に入ってからでも、いつからでもいいんです。でも、初めの第一歩として言語の壁に押しつぶされないよう、英語に足を取られないよう、楽しい事が一番なんです。

一般財団法人 荒川磯 慈善会 様から助成決定頂きました。

今年度の一般財団法人荒川磯慈善会、福祉施設助成事業において、物置小屋の設置に係る費用の助成決定頂きました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

―――――――――――――
宝暦14年に、尾張藩の許可を得て、本道(現在の内科)の町療治(現在の医院)を開きました。
その後代々、その町療治を引き継ぎ、元治元年(西暦1864年)から慶応4年(西暦1868年)の間に、伊勢町6丁目(現在の名古屋市中区錦3丁目)に移転し、その後も、医院を続けました。(名古屋市立鶴舞図書館所蔵『尾張藩医家姓名録』より)

しかし、大正4年(1915年)6代目荒川昇之助が没した後、20年以上経ても医院を継ぐ親族が現れなかったため、昇之助の遺産を引き継いだ荒川いそ及び荒川錬三は、その遺産により、医療に代わる社会貢献策として、昭和13年(西暦1938年)3月、愛知県の認可を得て、財団法人を設立し、福祉事業を開始しました。

その後、昭和20年(西暦1945年)3月の戦災により、殆どの資産を焼失しましたが、僅かに残った資産により、微力ながら福祉事業への支援を続けてまいりました。
平成24年4月、公益法人法改正に伴い、愛知県の認可を受け、一般財団法人として再出発するに当たり、保育所等福祉施設に対する助成事業を開始することといたしました。

ホームページより転記
―――――――――――――

いつの時代にも日本の未来を担う子ども達を想い、医療や福祉に携わる方がおられる事に大変大きな感銘を受けました。
次の時代へ紡いでいけるよう、Kids Land まほろばでも子どもたちと向き合って運営を行います。